未来を創造する技術とアイデアが結合する、都市を舞台にしたテクノロジーアートの祭典“ Media Ambition Tokyo (MAT)”に、Fragment Shadowを出展しています。会期は少し遅れて5月12日よりスタートし、6月8日まで六本木ヒルズ展望台Tokyo City View (52F)で開催されています。Media Ambition Tokyo2021では、Fragment Shadowに加え、 Morphing Identityも出展しています。

“Media Ambition Tokyo2021 (MAT)” has started from 5/12 at Tokyo City View, Roppongi Hills 52F. I am exhibiting two projects (Fragment Shadow + Morphing Identity) in MAT2021.

Info

Media Ambition Tokyo (MAT)

  • 2021.5.12WED– 6.8TUE
  • 東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)/ Tokyo City View, 52F, Roppongi Hills Mori Tower
  • 営業時間などの予定が変更になる場合もあります。最新情報はウェブサイトをご確認ください
  • Opening hours and other schedules are subject to change. Please check the website for the latest information.

Fragment Shadow

https://mediaambitiontokyo.jp/art/fragmentshadow/

本作品は、映像投影空間に鑑賞者の身体が入ることで生まれる影の作品である。Fragment Shadowは複数プロジェクター映像が合成される巨大な投影空間において、幾何と色彩を高精度に計算することで、光を遮断することで生まれる影の色彩を計算し、影として投射される身体表現を物理的に変化させる。その影は物理現象そのもので、無限の解像度で遅延は一切無いゆえに、圧倒的なリアリティで自己の投射を生み出す。鑑賞者の影は予期せず分断され、色彩を伴ったグラフィックとして再構成される。影の中に映像が流れ、逆に自分の影が映像の中に入るような視覚体験を得る。鑑賞者はそうした分断・再構成される影を前にして、それでも「自分」であると感じ、その自分に起こった変化を体感する。これは影という最も基本的な自己を投射する存在を異質化することで、変容した自己投射と自己の相互作用を可能にする”インタラクティブ”な作品である。

This is an interactive system that allows us to interact with the transformed self of real physical shadows. Fragment Shadow system creates a unique projection space with a large screen surface from multiple projectors by comprehensive spatial geometry and color calibration process. When human bodies enter the projection space, shadows are no longer just usual black visual objects. Fragment Shadow generates various visual expressions in the optical shadow such as fragmented, transformed, textured, and even immersed in the graphics. Your real shadow is restructured into novel visuals unexpectedly, yet with infinite resolution and zero latency since the shadow is a physical phenomenon. We still recognize transformed shadows as “self” and attribute those transformations to ourselves.

CREDIT

Concept and Research
-Shunichi Kasahara (Sony CSL)

Visual System
– Shunichi Kasahara (Sony CSL)
– Ryo Kanda(Kezzardrix)
– Satoru Higa (Backspace Productions Inc. )

Sound Design
– Shotaro Hirata (moph records)

Technical Assistant
– Kye Shimizu(Sony CSL)
– Kazuma Takada(Sony CSL)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s