Blog

Journal paper accepted to ACM Transactions on Applied Perception (TAP) / ACM SAP 2021

Our paper on “Stealth Updates of Visual Information by Leveraging Change Blindness and Computational Visual Morphing” has been accepted to ACM SAP 2021, the premier international ACM Symposium on Applied Perception ,held in virtual. In addition, our paper has been accepted as Journal paper in Transactions on Applied Perception (ACM TAP) Shunichi Kasahara and Kazuma Takada,…

Read More

Panel Talk in 第26回日本バーチャルリアリティ学会大会

研究委員会OS 16:00-17:20 ムーンショットで描くテレイグジスタンスの未来 座長:南澤 孝太(慶應義塾大学) ムーンショットで描くテレイグジスタンスの未来〇鳴海 拓志(東京大学)、〇笠原 俊一(Sony CSL)、〇田中 由浩(名古屋工業大学)、〇三木 一郎(avatarin)、〇吉藤 健太朗(OryLab)、〇赤坂 亮太(大阪大学) 2020年に開始したムーンショット型研究開発制度では、目標1として「2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」することが掲げられ、バーチャルリアリティやテレイグジスタンスによる社会変革に大きな期待が寄せられている。本オーガナイズドセッションでは、VR学会メンバーも多く参加するムーンショット研究プロジェクト「身体的共創を生み出すサイバネティック・アバター技術と社会基盤の開発」(Cybernetic being project)のメンバーが取り組んでいる研究と未来社会に向けた展望を紹介する。 http://conference.vrsj.org/ac2021/program/2A3.html

Read More

Exhibition : Morphing Identity at Sony Park Exhibition”Research for the Future of Humanity”

Morphing Identity was exhibited at the Sony Park exhibition “Research for the Future of Humanity”. Sony Park展「人類の未来のための研究」にMorphing Identityを出展しました。 Info Sony Park展「人類の未来のための研究」 ソニーCSLのグローバル・アジェンダや人間の能力拡張の研究から未来の社会を考える 協生農法・宇宙光通信・再生エネルギー・ロボット義足の展示や超知覚の体験デモなど7つのテーマ展示 所長の北野宏明が「人類の未来のための研究を行う」と宣言するソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)では、研究者ひとりひとりが自ら目標を立て、人類の未来のためとなる研究を行い、その成果をもって世の中を変えていくことを目指しています。 これらの研究の中から、人間が関わることで生態系の多様性や機能を拡張する「協生農法などの拡張生態系」、国際宇宙ステーションで実験が進む「小型衛星光通信システム(SOLISS)」の実機モック、安定的に再生可能エネルギーを供給する「オープンエネルギーシステム」、健常者の記録を超えることを目指す「競技用義足」、自分の顔がいつの間にか他者の顔に変容する体験「Morphing Identity (モーフィング・アイデンティティ)」など、食や環境、エネルギーなどの地球環境や社会の課題を扱うGlobal Agenda(グローバル・アジェンダ) と、人間の能力拡張(Human Augmentation / Creativity) をテーマとした研究内容をご紹介します。 期間:2021.7.24 – 8.10場所:PARK B3 / 地下3階 ※本プログラムは終了しました。

Read More

Exhibition Accepted to Emerging Technology Siggraph 2021

The collaboration project with Azumi Maekawa, Hiroto Saito, Narin Okazaki and Masahiko Inami (RCAST, The University of Tokyo) has been accepted to Emerging Technology Siggraph 2021. Behind the Game: Implicit Spatio-temporal Intervention in Inter-personal Remote Physical Interactions on Playing Air Hockey This study explores how well-balanced inter-personal games can be achieved between a remote player…

Read More

Gave a lecture “TouchDesigner as an integrated tool in the research scene” at Tokyo Developers Study Weekend

Tokyo Developers Study WeekendTouchDesigner Vol.044 TouchDesigner as an integrated tool in the research scene Date6th June 2021 15:00-18:20 UTC+9Check the event time in your time zone Language日本語 / Japanese LevelBeginner / Intermediate Watch this workshop on TDSW YouTube Livehttps://youtu.be/h6pRx-KnFl4 Free to watch this workshop in real-time on the TDSW YouTube channel. With the $20 /…

Read More

Talk at media ambition tokyo 2021 / Behind the scenes with TouchDesigner

MAT2021に出展されたいくつかの作品にはノードベースプログラミングソフトウェアTouchDesignerが使用されています。開発ツールにTouchDesignerを採用した経緯や、作品の技術的な解説、利点やMATへの展示を通じて気づいたソフトウェアの新たな可能性などをお話しいただきます。Fragment Shadowから神田さん&笠原さん、Synesthesia LabからKotaさん、Morphing Identityから清水さん&笠原さんが登壇し、TouchDesigner日本最大のTouchDesignerコミュニティTDSW代表のnaruminがモデレーターとしてアーティストの皆さんの “Behind Scene” をヒアリングします。   日時:2021年6月4日(金) 18:30〜20:00 / 出演者:笠原俊一、神田 竜(Kezzardrix)、磯部宏太、清水 快 / モデレーター:narumin (Yuki Narumi) / 配信日:2021年6月4日(金) 18:30〜(YouTube LIVE) https://mediaambitiontokyo.jp/movie/k7k4y0j92tm/

Read More

Talk at media ambition tokyo 2021 : 「2050年の身体と都市」

テクノロジーが身体を拡張し脳の機能をも代替しうるようになる近未来において、人の存在はどう変容し、人が暮らす社会はどう変化していくのか。最前線で活動する研究者の取り組みから近未来の身体と都市のあり方を想像する。 / 放送日:2021年5月17日 (月) / 出演者:藤井直敬、南澤孝太、笠原俊一 / モデレーター:三浦亜美 / ©︎Media Ambition Tokyo All Rights Reserved

Read More

Research full paper in ACM CHI 2021

Sony CSL Researcher Shunichi Kasahara’s paper on “Preserving Agency During Electrical Muscle Stimulation Training Speeds up Reaction Time Directly After Removing EMS” has been accepted to ACM CHI 2021, the premier international conference of Human-Computer Interaction, held in virtual. This is a collaborative research project with Jun Nishida and Pedro Lopes (The University of Chicago),…

Read More