Superception – 超知覚-

A research framework to explore a new “Self” in the integration of humans and computers by extending human perception and cognition with computer technology.

When computers and humans integrate, to what extent are we ourselves? Computers are already no longer tools of humans, but are gaining the ability to make decisions and actions beyond humans. Furthermore, with the phenomenal penetration of tele-conversation, tele-presence, and virtual space, we are already existing through computers. When humans integrate with such computers and acquire abilities and different bodies beyond our original human nature, to what extent will we be ourselves? We would like to explore what the “self” will be like when computers and humans will integrate.


知覚は我々が持つ視覚、聴覚、触覚や運動感覚器官などの入力から意味を認識、情報として形成して、我々の判断や行動を生み出す、人間の行動の根源であると同時に、「自分」自身を形成する重要な役割を持っています。私は「Superception(超知覚)」という、コンピュータ技術を用いて人間の知覚や認知を拡張・変容させる研究をしています。

人間とコンピュータが融合した時、自分はどこまで自分なのか。
テクノロジーの急速な発達に伴い、コンピュータは単なる道具ではなく、我々の身体や行動に深く介在しています。人間がコンピュータと融合し、人間本来を超えた能力や異なる身体を獲得する時、自分はどこまで自分であるのか。 我々はコンピュータ技術を用いて人間の知覚や認知を拡張・変容させる研究「Superception」を通じて、人間とコンピュータが融合した時の「自分」がどのように形成されうるのかを研究しています。

Research Topics

Superception / Shared Experience / Perception / Embodiment / Communication / Augmentation

keyword

Latest News

Recent Projects

PROFILE

Shunichi Kasahara / 笠原 俊一

博士(学際情報学)株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 リサーチャー。2017年東京大学大学院情報学環博士課程修了。2008年ソニー(株)入社後、MIT media lab 客員研究員等を経て、2014年よりソニーコンピュータサイエンス研究所にリサーチャーとして参画。 2021年より、Superception Group を主宰。コンピュータによる知覚の制御や拡張 “超知覚 / Superception” を主題として「人間とコンピュータが融合した時、自分はどこまで自分なのか」を探求。研究成果はコンピュータグラフィクスやHuman-Computer Interactionの主要国際会議やテックカンファレンスでの発表に加え、研究の体験化作品の展示・テクノロジーの社会実装を行う。

Researcher / Project leader, Sony Computer Science Laboratories, Inc. Ph.D. in Interdisciplinary Information Studies from the University of Tokyo in 2017. Joined Sony Corporation in 2008. Affiliate researcher at MIT media lab in 2012. Joined Sony CSL in 2014. He is leading “Superception” research: computational extension of human perception and investigation of the self in human-computer integration. The result of his research has been presented at major international conferences in the fields of computer graphics, human-computer interaction, and media technology festivals. He also conducts interactive exhibitions and social implementation.

I am working as a researcher / project leader at SonyCSL