Seminar Talk :
2021年2月26日(金) 16:00 – 19:00, 2021年2月27日(土) 9:00 – 12:00

2020年度 東北大学電気通信研究所 共同プロジェクト研究会
「こころ」を生み出す脳内機構の理解
Understanding the brain mechanisms of “mind”

Talk Abstract

Superception:人間と機械の融合における自分

コンピュータと人間が融合した時、自分はどこまで自分か。コンピュータ・インタフェ ースは、人間が道具としてのコンピュータを使うためにある。しかし、コンピュータが 人間の道具であることを超えて、自律的な判断・行動能力を獲得しつつある。人間がそのようなコンピュータと融合し、人間本来の能力や異なる身体を獲得する時、自分はどこまで自分であるのか。 コロナ禍を通じて、遠隔会話・テレプレゼンス・仮想空間が驚異的な速度で浸透したことで、我々はコンピュータを介在して存在することが前提となりつつある。こうした変化をふまえて、本発表では、仮想身体による身体感覚の変化、コンピュータによる身体の駆動、多重視点映像共有の研究などを通じて、コンピュータが介在し、コンピュータ と人間が融合したときの「自分」がどうなっていくのかを探索していきたい。

参考文献

1. Shunichi Kasahara, Jun Nishida, and Pedro Lopes. 2019. Preemptive Action: Accelerating Human Reaction using Electrical Muscle Stimulation Without Compromising Agency, In CHI Conference on Human Factors in Computing Systems Proceedings (CHI 2019), https://doi.org/10.1145/3290605.3300873

2. Shunichi Kasahara, et al. 2017. Malleable Embodiment: Changing Sense of Embodiment by Spatial-Temporal Deformation of Virtual Human Body. In Proceedings of the 2017 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI 2017), DOI: https://doi.org/10.1145/3025453.3025962

3. Shunichi Kasahara, Mitsuhito Ando, Kiyoshi Suganuma, and Jun Rekimoto. 2016. Parallel Eyes: Exploring Human Capability and Behaviors with Paralleled First Person View Sharing. In Proceedings of the 2016 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI 2016),.DOI:https://doi.org/10.1145/2858036.2858495

4. 稲見 昌彦 他 (笠原:第 7 章:柔軟な人間と機械との融合、担当) 自在化身体論 ―超感覚・超身体・変身・分身・合体が織りなす人類の未来 (第 7 章:柔軟な人間と機械との 融合)NTS 出版

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s